【用語解説】VAPE(ベイプ)

用語解説

電子タバコのことです。特にリキッド気化式の電子タバコを指します。

語源

Vaporize(ヴェポライズ):気化する
Vaporizer(ヴェポライザー):気化器
の文字から取られています。

気化、霧状化、等表現はいろいろありますが、基本的にはリキッドやタバコ葉に含まれる水分を蒸発させる装置のことです。 特にリキッド型の電子タバコをこのVAPEと呼んでいるわけです。

大きい意味で電子タバコ(電気で駆動するタバコ)にはアイコスやグロー、プルームテックなども含まれますが、それらと区別するためにもVAPEという呼び名を使うとスッキリするかと思います。

使い方

電子タバコにVAPEが含まれているイメージです。VAPEの他にアイコスなどの加熱式タバコがあるなど。電子タバコの中にVAPEがあって、そのVAPEの中にも様々な製品があるというわけです。

[種目] :電子タバコ
[種類] :VAPE
[製品名]:(例)iStick Pico

このようなイメージです。

アイコスなんかだと

[種目] :電子タバコ
[種類] :iQOS
[製品名]:iQOS 2.0

このようなイメージですね。

世間の認知度

正直、VAPEと伝えても伝わらないことが多いです。電子タバコ、とだけ説明して済めばいいですが、今のところはそうではないですね。もう少し普及されることを期待していましょう。

特にタバコに詳しくない人は
「それ何?」
「アイコスとは違うの?」
「体に問題ないの?」
「高そう」
とワンセットで聞いてくるので、最初から「VAPEだよ。詳しくはググれ。」で終わらせるほうが楽です。

丁寧に説明するなら
「それ何?」→「VAPEという電気タバコの一種だよ」
「アイコスとは違うの?」→「アイコスは結局タバコ葉だけど、これはタバコの葉は使ってないよ。」
「体に問題ないの?」→「タバコに比べれば全然大丈夫だと思うよ。」
「高そう」→「それがそうでもなく、節約になるんだ。」
となります。面倒極まりないですね。

タバコ吸ってる人なんかはこれに「面倒そう」までついてきます。
そういう人の相手の方が面倒なので、適当にあしらってあげてください。
食いついてきた方には、丁寧にVAPERへの道を説いてあげて仲間にしてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました