【用語解説】リキッド

用語解説

E-ジュースという名前でも売られていたりします。これは電子タバコ煙と味や香りを成している液体です。主な成分はグリセリン(PG/VG)です。このグリセリン香料が足されてさまざまな味や煙量となるわけですね。

リキッドの選び方

最初のうちは、市販されている電子タバコ用のリキッドをそのまま使う形であれば中身を意識する必要は少ないです。何味のリキッド、だけで大丈夫かと思います。
味に関しては好きな味を模索するのも楽しみですので、いろいろトライしてみてください。

リキッドの沼へようこそ

PG/VGについて

凝ってきたときは、独自リキッドの調合という沼に足を踏み入れることになると思います。その場合はグリセリンの成分、PGVGについて知っておいた方が良いですので以下を参照してください。

紙巻きタバコ・加熱式タバコからの乗り換え(コストダウン狙い)

コストダウンを狙って電子タバコに移行された方は、市販のリキッドをどこまで安くできるかという点では調合は必須テクニックにもなりますので、電子タバコの扱いに慣れた際にはチャレンジしてみましょう。

ニコチン入りリキッドについて

何度も書いていますが、ニコチン入りリキッドは日本のお店では手に入りません販売も委譲も禁止されているので、個人輸入するしかありません。逆に言えば国内で販売されているものはタール・ニコチンが含まれていませんので、禁煙のツールとして電子タバコを使われる方は安心して買うことができますね。

個人輸入の方法は後日更新します。

ニコチン入りリキッドの調合についてもコツがあるため、こちらも後日更新します。

まとめ

リキッドは奥が深く、まさに沼なんです。凝りだしたらとても大変ですが、その分自分のお好みのリキッドに出会えたときの嬉しさは最高ですね。
このページでは本当に浅瀬の部分の説明しかしていませんが、これから深い話も少しづつ書いていきますので、興味がある方はお付き合いくださいませ。

では今回はこのあたりで。


コメント

タイトルとURLをコピーしました